コラム

【YouTubeを活用しよう】その1~活用のポイント概要~

動画共有プラットフォームYouTubeは、実は検索プラットフォームとして世界2位、日本では3位となっております。

その活用方法次第で、たくさんの人に動画を視聴してもらい、販促に繋げることが出来ます。

せっかく動画を製作しても、視聴してもらえないのでは意味がありません。

 

今回は、特に企業のYouTube活用において、動画活用ポイント概要をお伝えしたいと思います。

 

YouTube活用で一番大切なこと

個人ならともかく、企業としてYouTubeを活用していく上で一番大切なことは、YouTubeへ動画を上げる【目的】【目標】を明確に設定する事です。

 

例えば【目的】が認知の拡大の場合、視聴回数が大きな指標となります。

また、引き合いの増加が目的の場合は、必ず動画中(最後など)に連絡先を記載するようにし、また動画説明欄にも引き合い連絡先を入れておくようにします。YouTubeからの誘導には自社サイトのフォームへ行くようしておけば、アナリティクスなどで「YouTubeから来たのか?」がわかるようになります。

また、動画には商品の取り扱い方法や組み付け方法を解説した動画があります。この際の【目標】の設定としては、カスタマーサポートへの負荷の軽減として、組み立て解説の電話を○○%減少させる、などがあるかと思います。

YouTube内でもアクセス解析が細かくできる機能があります。対象の年齢層や地域のアクセスが充分あるか、などの指針を立てることが出来ます。

 

目的を決めた後は

動画を配信する目的を決め、動画を製作し、いざYouTubeにアップしただけでは思うように効果が出ないことがあります。

その後の動画マーケティング施策として、

・継続し関係を持続させる

・SEO対策をし、ターゲットに見つけられやすくする

・チャンネルの最適化

・自社サイトとの動画連携

・SNSとの動画連携

・WEB広告への動画展開

 

が考えられます。

次回以降、動画マーケティングのセオリーについて解説していきます。